東京には現在、都の計画により整備された7つの副都心(新宿、池袋、渋谷、上野・浅草、錦糸町・亀戸、大崎、臨海)があります。
そのなかで最も新しく7番目の副都心と位置づけられるのが臨海副都心です。
7番目の副都心であることから「レインボータウン」とも呼ばれており、その開発総面積は、東京ドームの約94倍もの規模となる約442ヘクタール。
この広大なスケールのエリアは、今も急速な進化の中にあります。


都心の復興拠点と位置づけられた、災害に強いエリア。

万一、東京が大地震などの災害に見舞われ、壊滅的な打撃を受けたら…。
そうした未曾有の出来ごとに対して東京都がその復興拠点とすべく整備した地区。それもまた臨海副都心の持つプロフィールです。
また臨海副都心全体に走る幅の広い道は、他の地域から避難してきた人を受け入れる際、パニックにならないよう配慮されたものです。
さらに「ブリリアマーレ有明」にもほど近い「有明の丘」は、大災害時に国外からの救援物資などを受け入れる窓口に。
高潮などに備えた水門、防潮堤、護岸なども街の随所に行き届いています。

 

国内外に直結したアクセスポイント。

銀座や丸の内といった都心の主要拠点にも近く、新交通システムゆりかもめ、りんかい線などの鉄道をはじめ、海上バスによる海路、また首都高速湾岸線や湾岸道路およびそこから都心に直結した道路網など、非常に整備されたアクセスを備えています。
また首都高速から羽田空港、東関東自動車道を経由して成田空港と、二つの空港に直結するアクセスを持ち、国内はもとより、海外に向けた東京の表玄関となるポテンシャルを有しています。









※上記の情報は、分譲時パンフレットを基に記載しております。

Copyright (C) Tokyo Tatemono Real Estate Sales Co.,Ltd. All Rights Reserved.