INTERVIEW

ブリリアマーレ有明完成秘話 ~ 物件開発者インタビュー ~

聞き手(理事会・以下”理”):

この物件は広告もユニークでした。 「STYLE MADONNA」とマドンナさんを使って派手にPRされていましたよね。

遠藤氏(以下”遠”):

1000戸を売るために1万人集客しないといけません。しかも当時、有明はまだ街が出来ていない状態なので、先駆者精神を持つ方々を集めないと売れない。非日常的な生活をどういうアイコンを使って伝えるか、当時のチームで話し合った中でマドンナさんが浮上しました。

理:

マドンナさんって、私の印象ですと賛否両論ある人だと思うのですが。

遠:

ピンと来ないお客様はいると思いますが、知らないってお客様はいないと思います。

理:

実は私、今34歳なのですが、マイケルマドンナの凄さがリアルタイムじゃない世代なのですね。もう少し上の世代というか。

遠:

そうですね、私(45歳)はドンピシャ世代でして。実はマイケルジャクソンってアイデアもありました。

理:

本当ですか!

遠:

でもマイケルはライフスタイルがちょっと見えなくて。マドンナは私生活が垣間見えるスーパースターですよね。ヴォーギング(ダンスの一種)を流行らせたりとかヨガを世間に浸透させたりとか。かっこいいライフスタイルの体現者といいますか、そういったアイコンです。 効果は実際にありました。何からも取り上げていただけますし。ファンはもちろん、エリア問わず浸透していきます。 それにマドンナ程の派手なアイコンを使っても、負けないハードを用意したと自負していました。アイコンが立ちすぎて、あんまり関係ないじゃないか言われないような、マドンナ級のハードを作ったと自信があったんです。

理:

しかし、こう当時のパンフレットを見ると、凄いな、本当にこんなもの建つのかな、率直にそう感じますね。

パンフレット

遠:

そうですね、こういう幾何学模様によって幻想的な世界を作るというスーパーポテトさんは素晴らしいですね。

理:

絵とか小手先のデザインに頼らないというか

遠:

わざとらしさがないんですね。ルーバーの間隔をちょっとずつずらして揺らぎを表現する発想、すごいデザイナーさんだなと感じます。

共用部

理:

そういえば、1階のエレベーターホール見られました?理事が限られた予算の中で頑張ったのですがいかがですか?

遠:

櫛引きデザインのエレベーターホールですよね。テイストにあっていて大変いいと思います。

エレベーターホール

管理会社:

こちらはスーパーポテトさんに監修していただきました

遠:

プレミアムタイプのモデルルームも、マドンナをイメージして作りました。「女帝の住まい」をイメージしたのです。

モデルルーム

遠:

この写真。ブリリアシリーズを手がける社内外デザイナー2人が、それぞれ床壁天井とインテリアを選定したのですが、2人ともマドンナがアイコンに決まる前から、「マドンナが住む部屋」をイメージして作っていたらしいんですよ。偶然の一致というか。

理:

チームの中であったんですね、イメージが。

遠:

そうイメージが統一されていました。

次のページは:開発者の熱を感じるマンション

遠藤 崇

遠藤 崇 氏

略歴:

東京建物株式会社 住宅商品管理部 商品企画担当
1992年入社
2005年BrilliaMare開発当時 住宅事業部に所属
入社以来マンション開発・企画担当一筋

主な担当プロジェクト:

BrilliaMare有明 / Brillia有明skytower / Brillia有明Citytower / 東京フロントコート / BrilliaGrandeみなとみらい / 品川V-Tower 等

ページの先頭に戻る

Copyright (C) Tokyo Tatemono Real Estate Sales Co.,Ltd. All Rights Reserved.